お役立ち情報

Column

非財務情報開示の意義と重要性

企業の透明性と信頼性の確保に貢献する非財務情報開示は、昨今のビジネス環境において重要な要素となっています。今日、ステークホルダーは企業が財務的に健全であることだけでなく、社会的・環境的責任を果たしているかも評価します。これは企業の長期的な持続可能性(サステナビリティ)、競争力、および企業価値・市場価値に直接関係しています。

記事を見る

カーボンオフセットに使えるJ-クレジット

J-クレジットとは、省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの利用、適切な森林管理によるCO2等の排出削減量や吸収量を「クレジット」として日本国が認証する制度です。この制度を活用することで、法令対応やイニシアティブへの報告、カーボンオフセットなどの様々な用途に用いることが可能です。

記事を見る

EUのサステナビリティ開示法律 CSRD(企業サステナビリティ報告指令)とは?

近年、企業が直面する地球環境問題や社会問題への取り組みが急速に進んでおり、その結果、企業のサステナビリティがより重要な評価軸となっています。この背景から、EUをはじめとする国際社会では、企業サステナビリティ報告指令(CSRD:Corporate Sustainability Reporting Directive)および欧州サステナビリティ報告基準(ESRS:European Sustainability Reporting Standards)の導入が進められており、情報開示が強化されています。

記事を見る



アパレル業界のサステナビリティ管理指標「Higg Index」とは?

環境や社会責任を重視した持続可能な製品開発やサプライチェーン管理を評価する指標にHigg Index(ヒグ・インデックス)があります。 この指標は、2012年に米国の非営利団体Sustainable Apparel Coalition(SAC)が開発し、現在では世界中のアパレル業界・ファッション業界で利用されています。Higg Indexは、環境負荷や労働権の問題を可視化し、企業がより持続可能な製品やサプライチェーンの改善に努めることを目的としています。

記事を見る

グローバル企業にとって必要なecoinvent Databaseとは?

排出原単位データベースは、これらの排出原単位を一覧にまとめたものであり、サプライチェーンのCO2排出量の正確な算定に必要不可欠なデータベースです。 代表的な国内排出原単位データベースとして、産業技術総合研究所・サステナブル経営推進機構の「IDEA」や、国立環境研究所のグローバルサプライチェーンを考慮した環境負荷原単位 「GLIO」、また欧米を中心に広く使われている海外排出原単位データベース「ecoinvent Database」が挙げられます。

記事を見る

カーボンフットプリントとは?算定方法からメリット、取り巻く動向まで                ~今、確認したい基礎知識~

カーボンフットプリントの算定について、取引先から求められる前に着手することをお勧めします。国内では「カーボンフットプリント ガイドライン」を踏まえた動向を注視しましょう。

記事を見る



booost to BOOOST

私たちは、企業のサステナビリティをサポートし、
より大きな推進力に変換していきます。

あなたも今すぐNET-ZEROリーダーになりましょう

人気記事ランキング

申し込み受付中セミナー

タグ一覧

logo_img

本社
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビルディング 10F

大阪事務所
〒533-0031
大阪市東淀川区西淡路1-1-36 新大阪ビル4F

facebook
twitter
linkedin