お役立ち情報

Column

EUによる炭素国境調整措置(CBAM)とは? 日本企業への影響を分かりやすく解説

2022年に省エネ法が改正され、2023年4月より同法が施行されました。国内GHG排出量削減目標の達成に向け、徹底した省エネと全てのエネルギー使用合理化の必要性が高まったことで、大幅な変更へと繋がりました。改正後初の定期報告は、2024年の7月末までに2023年度分の集計結果を報告することが必要です。

記事を見る

改正省エネ法とは?ポイントを簡単解説 ~2024年定期報告から対応必須~

2022年に省エネ法が改正され、2023年4月より同法が施行されました。国内GHG排出量削減目標の達成に向け、徹底した省エネと全てのエネルギー使用合理化の必要性が高まったことで、大幅な変更へと繋がりました。改正後初の定期報告は、2024年の7月末までに2023年度分の集計結果を報告することが必要です。

記事を見る


欧州電池規則とは?背景から要求事項まで簡単解説

欧州連合(EU)では2023年8月、従来の電池指令を強化するため、「欧州電池規則」が発効され、2024年2月から適用することが発表されました。本規則は、規模や所在に関わらず、電池をEUで流通する全ての事業者に適用される規則であり、EU域内で使用されるあらゆる種類の電池が対象で、環境負荷を最小限に抑えることを目的としてライフサイクル全般に関する規制が提案されています。

記事を見る

【調査】上場企業サステナビリティ担当者の本音と実態

こんにちは。booost technologiesが運営しているサステナビリティ実務者向けのコミュニティ「Sustainability Leadership Community」の事務局です。 今回のブログは、コミュニティ会員向けに「上場企業のサステナビリティ担当者による本音と実態」というアンケートを行いましたので、調査結果を皆様に共有したいと思います。

記事を見る

CO2排出量開示における第三者保証とは?

気候変動への対応が急増する中で、企業や組織はCO2排出量を測定し、開示するとともに、削減するための施策を強化しています。ここで企業や組織が開示したCO2排出量に対して信頼性を得るためには、透明性と信頼性の確保が必要です。この点で注目されるのが、CO2排出量に対する第三者保証です。

記事を見る

CO2排出量の計算方法とは?

環境問題が毎日のニュースで取り上げられるようになり、CO2排出量を減らす必要性が高まっています。しかし、「CO2排出量って一体どうやって計算するの?」と疑問に思う方も多いでしょう。この記事では、CO2排出量の計算方法・算定方法について解説します。

記事を見る

サプライチェーンの排出量算定とは?

サプライチェーン排出量とは、自社内における直接的なCO2排出だけでなく、自社事業に伴う間接的な排出も含めた、事業活動に関係するあらゆる排出を合計したCO2排出量を指します。環境省の説明*によりますと、「事業者⾃らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計した排出量を指す。つまり、原材料調達・製造・物流・販売・廃棄など、⼀連の流れ全体から発⽣する温室効果ガス排出量のこと」とされています。

記事を見る

WBCSDのPACTとは?排出量データ交換やCFP算定のグローバルな水準を解説

PACT(The Partnership for Carbon Transparency:炭素の透明性のためのパートナーシップ)は、WBCSD(World Business Council for Sustainable Development:持続可能な開発のための世界経済人会議)*1が主導するイニシアチブのひとつです。サプライチェーン、つまりScope3における炭素排出量の真の透明性、正確性を通じて脱炭素を実現することに取り組んでいます。

記事を見る

非財務情報開示の意義と重要性

企業の透明性と信頼性の確保に貢献する非財務情報開示は、昨今のビジネス環境において重要な要素となっています。今日、ステークホルダーは企業が財務的に健全であることだけでなく、社会的・環境的責任を果たしているかも評価します。これは企業の長期的な持続可能性(サステナビリティ)、競争力、および企業価値・市場価値に直接関係しています。

記事を見る

booost to BOOOST

私たちは、企業のサステナビリティをサポートし、
より大きな推進力に変換していきます。

あなたも今すぐNET-ZEROリーダーになりましょう

人気記事ランキング

申し込み受付中セミナー

タグ一覧

logo_img

本社
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビルディング 10F

大阪事務所
〒533-0031
大阪市東淀川区西淡路1-1-36 新大阪ビル4F

facebook
twitter
linkedin