CO2排出量の見える化 booost GX

CO2排出量の算定・削減して
脱炭素経営を加速

logo_GX_A

グローバルリーダー/日本の各業界リーダーからの導入実績多数!

*出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所「環境経営を推進するESG情報開示ソリューション市場動向 2022年度版(2023年2月発刊) https://mic-r.co.jp/mr/02670/」
ESG情報開示ソリューション全体のベンダー売上/シェア推移(2022年度見込)、 GHG排出量可視化ソリューションのベンダー売上/シェア推移(2022年度見込)

Trusted by NET-ZERO leaders

booost technologiesは、売上高1,000億円以上のリーダー企業のパートナーとして、
サステナビリティ経営の実現をサポートしています。

AEON
EDON
NTTアノードエナジー
小田急
パーソル ホールディングス
alpsalpine
伊藤忠商事
AEON
EDON
NTTアノードエナジー
小田急
パーソル ホールディングス
alpsalpine
伊藤忠商事
商工中金
三信電気株式会社
NECネッツエスアイ
日販
イエローハット
商工中金
三信電気株式会社
NECネッツエスアイ
日販
イエローハット

CO2排出量算定における課題

課題 1

算定対象が多岐に渡るので
膨大な工数がかかる

  • 算定対象の子会社・拠点・店舗がたくさんある
  • 算定対象の国・地域がたくさんある
  • 算定対象のサプライヤーがたくさんある

  • 一次データで算定したいが、対象の製品・部品・工程からデータを取るのが難しい
  • 排出量算定のリソースが足りない 
課題 2

算定だけでなく
目標管理や削減まで一元化したい

  • 削減目標やロードマップの策定も一元管理したい
  • 各拠点の削減進捗管理も一元化したい
  • 削減できないところはオフセットしたいが、やり方が分からない
課題 3

各種報告業務に時間がかかる

  • 国際イニシアチブ(RE100、SBTi、CDP)など報告対象がたくさんあり、レポート作成に時間がかかる
  • 温対法や省エネ法の報告業務に時間がかかる
  • 統合報告書、サステナビリティレポートへの反映にも時間がかかる

CO2排出量の算定・可視化・報告が可能な
カーボンマネジメントプラットフォーム

01

算定・可視化の圧倒的な効率化

  • 活動量データインプットの効率化(AI-OCR、ファイル連携、API連携)
  • CSVからScope1,Scope2 ,Scope3とカテゴリ1-15を自動仕分け(特許取得済)
  • 製品・サービスごとに精緻なカーボンフットプリントの算定 

02

予実管理からオフセットまで一元管理

  • 目標設定・管理機能によって、脱炭素計画と実績の予実管理が可能
  • 自社やグループ全体・拠点や店舗、海外拠点、サプライチェーンのCO2排出量をクラウドで一元管理
  • 非化石証書等の調達を自動で実行可能

03

各種報告・レポートに対応

  • RE100、TCFD、SBTi、温対法、省エネ法等の報告書作成サポート
  • CDP、TCFD、Scope3算定のコンサルティングで支援

booost GXなら脱炭素経営を促進できます

画像をクリックして拡大

01

Measurement, Visualization

算定・可視化の圧倒的な効率化

Scope1,Scope2,Scope3とカテゴリー1~15のCO2排出量の算定・可視化が可能です。

請求書から読み取るAI-OCR機能や、各カテゴリの自動振り分けも可能なCSVアップロード機能(特許取得済)、API連携機能により、活動量データの集計からCO2排出量算定までの業務を圧倒的に効率化します。

自社・グループ全体、各拠点や各店舗、海外拠点、サプライチェーン全体へアカウントを付与することで、拠点ごと、製品・サービスごとのCO2排出量を細かく算定可能です。

サプライヤー排出量管理オプション「booost Supplier」

02

Management, Offset

予実管理からオフセットまで一元管理

CO2削減目標・ロードマップの策定がシステム上で可能で、御社に合わせたカスタマイズも実現できます。

削減目標と現状の差分を、グループ各社・海外拠点・国内事業所ごとに把握することに加え、算定したCO2排出量に対して、非化石証書を購入する等の形で、削減計画に合わせた自動でのオフセットも可能です。

画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

03

Report

各種報告・レポートに対応

プロダクト・ライフサイクル・アセスメントのための製品・サービス別のCO2排出量レポートが作成可能です。

国際イニシアティブ(RE100、SBTi、TCFD等)や温対法・省エネ法等の各種報告レポートの作成から、TCFD開示関連サービス、CDPスコアリング支援サービスで、トータルにサポート。

booost GXが選ばれる理由

管理がしやすいダッシュボード

算定業務の効率化
(カテゴリ自動仕分け機能)

サプライヤーの直接入力による
データ管理とカテゴリ1削減

製品、サービス毎のカーボンフット
プリントの算定(実測値も可能)

25言語によるグローバル対応
(海外拠点も含めたクラウド一元管理)

脱炭素機能
(再エネ、省エネ、カーボンオフセット)

CO2以外の環境データに対応
ESG全般をカバー可能

CDP、TCFD、Scope3算定
コンサルティング

よくある質問

Q.

CO2排出量算定における活動量はどんな方法で入力できますか?

A. Web画面からの直接入力、CSVファイルのアップロード、電力請求書のAI-OCR読み込み、APIによるシステム間連携が可能です。
特にCSVアップロードはエクスポートしたデータをそのまま活動量データとしてインポート可能となっており、「Scope1,Scope2,Scope3、カテゴリ1~15の自動仕分け」により圧倒的な効率化が可能です(特許取得済)。
Q. CO2排出量算定に利用できる排出原単位データベースは何に対応していますか?
A. 環境省の排出原単位データベース、インベントリーデータベースIEDAの他、海外データベースとしてはecoinventIEA等に対応しています。御社独自の排出源単位データベースも対応可能です。
Q. Scope1,Scope2,Scope3の削減やカーボンフットプリントの算定につながる機能はありますか?
A.

サプライヤーと協力してScope3カテゴリ1の削減を行っていくために、サプライヤーの排出量の収集を効率化する「booost Supplier(オプション機能)があります。
また、製造業を中心にScope1,2の排出量が多い場合、工場・施設の機器レベルで活動量の実測値データを取得して「booost GX」に連携することにより、どこにエネルギーの無駄が発生しているのかを捉えることでき、削減に繋がる形でCO2排出量を可視化することが可能です。

Q. 海外拠点のCO2排出量も算定・管理できますか?
A. 世界の7つのリージョンと235の国・地域別のCO2排出量管理25言語対応のユーザーインタフェース、海外排出源単位データベース「ecoinvent」「IEA」に対応しています。
Q.

各種イニシアチブや法令に対応したレポートを出せますか?

A. RE100、TCFD、SBTi、温対法、省エネ法のレポートに対応しています。
Q.

自社の要件へのカスタマイズ対応は可能ですか?

A.

カスタマイズやAPI連携が可能なプランをご用意しています。お打ち合わせの中で要件をお伺い致します。

Q. CO2算定コンサルティングやシステムの導入支援・サポートはありますか?
A. CO2排出量管理のツールやシステムの提供だけではなく、CO2算定支援のコンサルティングや、システム導入前の業務・データ整理支援、システム導入後のオンボーディングサポートもございます。貴社に合った支援サービスをご提供いたします。
booost to BOOOST

私たちは、企業のサステナビリティをサポートし、
より大きな推進力に変換していきます。

あなたも今すぐNET-ZEROリーダーになりましょう

サステナビリティ経営を加速するプラットフォーム

booost sustainability Cloud
logo_GX_A

CO2排出量の算定・削減して
脱炭素経営を加速

logo_Supplier_A

サプライチェーンの
CO2削減状況の見える化

logo_ESG_A

企業価値向上につながる
ESGパフォーマンスの管理

booostENERGY logo _png_bk

能動的な脱炭素化やCO2削減のための精緻な診える化・再エネ調達

logo_img

本社
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビルディング 10F

大阪事務所
〒533-0031
大阪市東淀川区西淡路1-1-36 新大阪ビル4F

facebook
twitter
linkedin