お知らせ

News
PRESSRELEASE

「温室効果ガス可視化」に関する技術・知財を国連の専門機関「WIPO GREEN」に登録

カーボンフリーな未来の実現を目指すクライメートテックベンチャーのbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲 以下 当社)は、カーボンニュートラル実現に向け、「温室効果ガス排出量を可視化する技術」を、国連の専門機関である世界知的所有権機関(WIPO)が運営する環境技術の開発と普及を後押しするプラットフォーム「WIPO GREEN」に登録いたしました。

 

当社は「次世代に誇れる未来を創造し、社会のために役立つテクノロジー集団」であることをビジョンとして掲げ、その達成に向けてカーボンフリーな未来の実現を目指しています。中でも2030年にSDGsを達成し、2050年に実質的カーボンニュートラルを実現することは、現在の子どもたちやこれから生まれてくる次世代に対し誇れる未来を創造するために不可欠です。また、このような未来は、当社のミッションである、誰もがクリーンで公正なエネルギーをより安全・便利・豊かに利用できる “みんなの日常のアップデート”で実現します。

 

当社は、狭義の知的財産(IP: Intellectual Property)を含む、より広範な無形資産を、包括的な「知的資産」(Inclusive IP)と定義し、私たちのミッションとビジョンの実現の中核に位置付け、知的資産戦略に沿ってその達成に向けて邁進しています。今回の国連の専門期間「WIPO GREEN」への登録は、知的資産戦略のステップのひとつ「イノベーションを社会実装することにより理想的な未来世界を実現」に基づき行いました。今回の登録で、世界各国・地域の企業や個人が当社の「温室効果ガス排出量を可視化する技術」を活用することが可能になります。

 

当社は今後も、日本はもちろん、世界各国でのカーボンフリーな未来の実現の加速に貢献して参ります。

 

 

■WIPO GREENとは
国際的な知的財産権(IP)制度の発展を担当する国連の専門機関である、世界知的所有権機関(WIPO)が運営する、環境技術の活用を促進するためのプラットフォームです。2013年に、環境技術の開発と普及を後押しすることを目的として立ち上げられ、オンラインデータベース等で環境技術の希望者と提供者をマッチングしています。データベースには、120,000件以上の技術、ニーズ、専門家が登録、世界中で1,900人以上のユーザーが利用しています。

WIPO GREEN :https://www3.wipo.int/wipogreen/en/
WIPO GREENとの協力(特許庁) : https://www.jpo.go.jp/news/kokusai/wipo/green.html

 

 

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社 マーケティング部
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

Recruit

booostの理念や価値観に共感いただける未来の仲間たちを募集しています。
詳しくは採用情報をご覧ください。

採用情報を見る
Contact

製品・サービスに関するご依頼や
ご相談、取材の申し込みなどは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。