2022.05.31 PRESSRELEASE

booost technologies、AEONと『AEON Green System』開発

~イオン全社のCO2排出量可視化やバリューチェーン排出量の先進的な可視化実現へ〜

 

CO2排出量可視化・脱炭素化クラウド『ENERGY X GREEN(エナジー エックス グリーン)』等を展開するbooost technologies株式会社(東京都千代田区、代表取締役:青井宏憲 以下 当社)は、イオン株式会社(千葉県千葉市、取締役兼代表執行役社長:吉田 昭夫 以下 イオン)の『AEON Green System』の開発を行い、イオンに提供を開始しました。


『AEON Green System』を活用することにより、イオンはグループ会社全拠点のCO2排出量の算定・管理に加え、浸水リスク・地震対策等のBCP対応、施設の安全・安心、省エネ・創エネの進捗について、効率的な管理が可能となります。

 

 

 

■ 開発の背景

『AEON Green System』の開発は、当社のCO2排出量可視化・脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」の機能を活用することで実現しました。『AEON Green System』を活用することで、イオンはグループ全体において事業の過程で発生するCO2等排出量の算定、管理が可能になるとともに、BCP対応、施設の安全・安心管理等、CO2排出量算定以外のサスティナビリティマネジメントへの対応が可能となります。

イオンは2018年に「イオン 脱炭素ビジョン」を策定し、「店舗」「商品・物流」「お客さまとともに」の3つを柱に、脱炭素化に関し、非常に先進的な取り組みを行っている企業です。

またイオンは、有事の際も地域のお客さまのくらしを支え、社会インフラの役割を果たすべく、事業継続に備える取り組みも積極的に進めています。

当社は、イオンが推進する脱炭素社会の実現を目指し、2020年10月より協力を開始しました。

 

■ 『AEON Green System』で実現すること

  1. イオンのグループ全拠点における効率的なCO2排出量可視化(Scope1,2,3)、浸水リスク管理、地震対策等のBCP対応、施設の安全・安心、省エネ・創エネの進捗についての管理をワンストップでマネジメント

 

  1. イオンのグループ全社、各拠点にアカウントを付与することで本部の集計工数の大幅な削減

 

  1. イオンのグループ数十万社のサプライヤー各社へのアカウント付与による1次データの取得およびCO2排出量の算定(今後、サプライチェーン全体の精緻な可視化を行う上でも効率的に集計を行うことが可能)

 

当社は今後もイオンと共に、脱炭素社会の実現と、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社  広報グループ
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

2022.05.10 PRESSRELEASE

booost technologies、パーソルプロセス&テクノロジーと「脱炭素支援におけるパートナーシップ契約」を締結

~両社の取引先等に対する脱炭素支援サービスをさらに強化〜

 

CO2排出量可視化・脱炭素化クラウド『ENERGY X GREEN(エナジー エックス グリーン)』等を展開するbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲、以下 当社)は、総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区/代表取締役社長:横道 浩一、以下 パーソルP&T)と、「脱炭素関連事業における戦略的パートナーシップ契約」を締結し、両社の取引先等に対する脱炭素支援をさらに強化いたします。

 

 

気温上昇を1.5度に抑える国際的な動きが進むなか、企業各社にはサプライチェーン全体での脱炭素経営が求められており、現状把握からCO2の削減に至るまで、多岐に渡る対策が課題となっています。

 

そのような中、カーボンフリーな未来の実現を目指すクライメートテックカンパニーである当社は、企業価値向上に向けた脱炭素化支援サービスを提供するパーソルP&Tと、2050年の脱炭素社会の実現に向けて両社が連携して事業推進を行っていくことを目的として、2022年4月6日に「脱炭素関連事業における戦略的パートナーシップ契約(以下、本パートナーシップ契約)」を締結いたしました。本パートナーシップ契約では、当社が提供するCO2排出量の可視化やレポーティングが可能なクラウド型プラットフォーム「ENERGY X GREEN」や脱炭素に関する豊富な知見と、パーソルP&Tが有するネットワークや業務プロセスコンサルティングの知見とを掛け合わせ、脱炭素化支援を強化してまいります。

 

具体的には、パーソルP&Tのお客さまに対して、当社の「ENERGY X GREEN」やカーボンニュートラルに関するノウハウなどを提供し、両社共同でCO2排出量の算定・可視化・削減などを中心にカーボンニュートラルに向けた支援を行ってまいります。また、「ENERGY X GREEN」のお客様で、ご希望の企業に対しては、パーソルP&TがBPO業務支援を行い、活動量等のデータの整理やインプット業務のサポートを実施します。なお、「ENERGY X GREEN」のカスタマーサポート業務の一部に対して、パーソルP&Tが支援を行う予定です。

当社はパーソルP&Tと共に、脱炭素社会の実現に向けて、脱炭素経営を進める企業への支援を強化し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

 

■パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、人・プロセスデザイン・テクノロジーの力で、人と組織の生産性を高めることを使命としています。お客様の事業課題に応じたコンサルティングやシステム開発、アウトソーシングのほか、人とテクノロジーが共存できる社会を目指し、RPAやAIなどを駆使した最新のテクノロジーやサービスを提供してまいります。

<会社概要>
会社名:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
代表者:代表取締役社長 横道 浩一
設  立:1977年 9 月 24 日
事業内容: 業務プロセスコンサルティング、システム企画・開発、システム運用・保守、
ICT アウトソーシングほか
所在地:豊洲本社、赤坂、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、沖縄
コーポレートサイト:https://www.persol pt.co.jp/

 

 

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社  広報グループ
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

2022.04.25 INFORMATION

日本経済新聞社主催、サステナ経営TCFDセミナーに当社代表が登壇します

2022年5月18日(木)に開催される、「気候変動リスク開示、サステナ経営の軸に~TCFD提言 企業の利点と負担を解説~」に当社代表がスピーカーとして登壇します。

 

TCFDに基づくデータ開示ソリューションやデータを経営に生かし、経営を取り巻く様々な問題を解決に導く本オンラインセミナーにて、当社代表青井からは「サプライチェーンのCO₂排出量を可視化する脱炭素化クラウド」テーマに、当社の事業についてお話します。

 

〈開催概要〉
イベント名: 気候変動リスク開示、サステナ経営の軸に~TCFD提言 企業の利点と負担を解説~
※オンラインライブ開催

 

開催日時:2022年5月18日(水)13:00 – 15:20
※登壇は「サプライチェーンのCO₂排出量を可視化する脱炭素化クラウド」(14:50~15:20予定)

 

主催: 日本経済新聞社 イベント・企画ユニット

 

受講料:無料(事前登録制)

 

申込締め切り:5月15日(日)

 

申込先/公式サイトURL:https://events.nikkei.co.jp/47453/

2022.04.25 INFORMATION

新経済連盟主催、Monthly Members’ Meetupに当社代表が登壇します

2022年4月28日(木)に開催される、Monthly Members’ Meetupに当社代表がスピーカーとして登壇します。

Monthly Members’ Meetupは、新経済連盟会員企業の【仕事を広げる】をテーマに、2022年2月から開催されているオンラインイベントです。

当社代表青井は、会の後半に登壇し「co2排出量可視化・脱炭素SaaS」をテーマに、組織のカーボンニュートラルを加速させるクラウド型脱炭素化プラットフォーム「ENERGY X GREEN」や、当社の事業についてお話します。

 

〈開催概要〉
イベント名:
【Monthly Members’ Meetup】会員企業のサービスをご紹介「学びを革新する映像制作・配信とデータ分析」「co2排出量可視化・脱炭素SaaS」

 

開催日時:2022年4月28日(木)16:00 – 17:00

 

主催: 一般社団法人 新経済連盟

 

参加方法:Zoomウェビナー機能を利用したオンラインセッション

(セキュリティ対策の為、参加者の事前登録及び事務局による確認と承認を実施いたします)

 

参加資格:どなたでもご参加いただけます
推奨
(1)経営者ご本人、役員ご本人

(2)経営企画部門、新規事業開発部門

(3)ESG, SDGs担当部門

(4)人事・総務・研修部門

 

参加料:無料

 

申込締め切り:4月28日(木)午前まで

 

申込先/公式サイトURL:https://jane.or.jp/event/general/16887.html

 

プログラム:1社あたりご紹介15-20分+質疑応答5分

(1)株式会社メディアオーパスプラス 「学びを革新する映像制作・配信とデータ分析」

(2)booost technologies株式会社 「co2排出量可視化・脱炭素SaaS」