2021.09.21 組織のカーボンニュートラルを加速させる新サービス、脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」の提供開始

カーボンフリーな未来の実現を目指すエナジーテックベンチャーのbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲 以下 当社)は、組織のカーボンニュートラル達成を支援し、「CO2排出量の自動算出(可視化)」や「カーボンニュートラルの予実管理」、「CO2排出量削減(創エネ、省エネ等管理)」、「自動でのカーボンオフセット」が可能な脱炭素化クラウド(クラウド型脱炭素化プラットフォーム)「ENERGY X GREEN」の提供を10月1日(金)より開始いたします。

 

※先行してRE100、SBT等表明されている先進的な複数の大口需要家様、小売チェーン店舗様等にて導入決定済み。

 

「ENERGY X GREEN」はSaaS型のクラウドサービスで、「CO2排出量の算出(可視化)」や「カーボンニュートラルの予実管理(管理)」、「カーボンオフセット(実行)」が自動化できるのが大きな特徴です。様々な組織が手軽に導入可能です。

 

当社では今回の「ENERGY X GREEN」提供開始を皮切りに、「カーボンフリーな未来の実現」をこれまで以上に目指してまいります。また、既存の機能に加え、創エネ、省エネ、集エネ、蓄エネ等へのソリューション、ユーザー企業間での排出権取引、脱炭素化API等その他の機能追加予定です。

 

ENERGY X GREENサービスサイト: https://green.energyx.jp/

 

 

<「ENERGY X GREEN」の3つの特徴>

1.CO2排出量の自動算出(可視化)

自社の事業所や各店舗の電力使用量などのデータをインプットすることで、自動でCO2排出量の算出を実現。事業所や店舗ごと、子会社を含むグループごとなど、2050年までの脱炭素計画*を立案することが可能です。今後、創エネ、省エネ、集エネ等ソリューション実装も予定しています。

 

2.予実管理(管理)、レポート作成(RE100温対法等)

脱炭素計画*を登録し、自動で計画と実績の予実管理が可能に。対象となる企業グループ全体、グループ内の企業別、企業の各事業所・店舗等別やお取引のあるサプライヤー別など、必要に応じたCO2排出量を算出・表示でき、RE100、温対法等のレポート作成もサポートします。また、リアルタイム表示や各種システムとのAPI連携も実装予定です。

 

3.自動でのカーボンオフセット(実行)

算出した自社のCO2排出量を脱炭素計画*にあわせて、自動でオフセット。非化石証書等の調達も自動で実行可能です。

 

*脱炭素化計画は様々なシナリオの構築が可能です。

2021年10月時点では「オフセット」が対象。創エネ、省エネ、集エネ、蓄エネ管理機能も実装予定。

 

 

 

 

 

■商品・サービスに関するお問い合わせ
booost technologies株式会社 セールス部
TEL:03-4405-4052
e-mail:sales@booost-tech.com

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社 マーケティング部
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

2021.09.01 エナジーテックベンチャーのbooost technologies、「第1回 脱炭素経営 EXPO [秋]」へ出展

〜カーボンフリーの未来を実現する新ソリューション「脱炭素化SaaS」公開〜

 

カーボンフリーな未来の実現を目指すエナジーテックベンチャーのbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲 以下 当社)は、2021年9月29日(水)から10月1日(木)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第1回 脱炭素経営 EXPO [秋]」へ出展いたします。

 

本展は、エネルギーの総合展「スマートエネルギーWeek」と同時開催され、エネルギーマネジメントシステム、再生可能エネルギーの導入支援など企業向けの脱炭素ソリューションが出展、カーボンニュートラルを目指す企業の経営者・役員などが来場する脱炭素に特化した専門展となり、カーボンフリーな未来の実現を目指すエナジーテックベンチャーである当社は、展示会の開催理念に共感し出展を決定いたしました。

 

当社はこれまで、事業者が自社でCO2排出量ゼロの電気の調達を可能にする「CO2フリー電気 調達サポートサービス」や、電力事業者向けにCO2フリー電気の提供をサポートする「CO2フリー電気プラン 構築サポートサービス」などの企業や電力事業者の脱炭素化、CO2フリー化を推進するサービスを提供しており、今後も脱炭素化を支援するサービスやシステム、新たなソリューションなどをリリースしていく予定です。当社ブースでは、カーボンフリーの実現を目指す新規ソリューション「脱炭素化SaaS」の展示に加え、企業が脱炭素化を推し進めていく上でのヒントとなるセミナーの開催を予定しております。

 

また同会場で開催される「脱炭素経営 実現セミナー」では、9月29日(水)14:00~14:30のコマで、当社代表の青井宏憲が登壇し、「収益性の高い脱炭素化を。RE100支援プラットフォーム」をテーマに講演を予定しております。

 

出展ブースについて
展示会名:第1回 脱炭素経営 EXPO [秋]」
開催日:2021年9月29日(水)〜10月1日(金)
会場:東京ビックサイト 青梅展示棟 コマ番号:1-24
サイトURL:https://www.decarbonization-expo.jp/ja-jp.html

 

当社は「次世代に誇れる未来を創造し、社会のために役立つテクノロジー集団」をビジョンとして掲げ、日本における脱炭素社会の実現をbooostさせ、「次世代に誇れる未来の創造」に貢献してまいります。

 

 

■商品・サービスに関するお問い合わせ
booost technologies株式会社 セールス部
TEL:03-4405-4052
e-mail:sales@booost-tech.com

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社 マーケティング部
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

2021.08.03 「CO2フリー電気 調達サポートサービス」を提供開始

事業者が自社でCO2排出量ゼロの電気の調達を可能にする「CO2フリー電気 調達サポートサービス」を提供開始
~サプライチェーン全体へCO2フリーの電気を提供可能に~

カーボンフリーな未来の実現を目指すエナジーテックベンチャーのbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲 以下 当社)はこのたび、自社はもちろん、自社の顧客やサプライヤーを含めてCO2フリーの電気を提供するための新サービス「CO2フリー電気 調達サポートサービス(以下 本サービス)」を8月2日(月)から開始しますので、お知らせいたします。本サービスをご利用いただくことで、「Scope1,2,3サプライチェーン全体の脱炭素化をご検討の大手事業者様」、「CO2フリー電気を安価に確実に導入されたい事業者様」が自社内で使用する電気をCO2フリーにすることはもちろん、調達したCO2フリー電気を自社の顧客やサプライヤーに提供することが可能となります

今回サービスを開始する「CO2フリー電気 調達サポートサービス」は、当社の提供しているクラウド型ENERGYプラットフォーム「ENERGY X」を導入いただくことで、電気小売事業者などからCO2フリーの電気を購入するのではなく、事業者様の手間なく自社内の電気をCO2フリーにでき、調達したCO2フリー電気を自社の顧客やサプライヤーに提供できるサービスとなります。また追加性を考慮したプランの構築も可能です。

当社の提供しているクラウド型ENERGYプラットフォーム「ENERGY X」は電力事業の「事業立ち上げ」「事業開始後」「スケーラビリティ」「AI、機械学習」までワンストップで対応可能な電力事業に特化したクラウド型のプラットフォームです。

当社はこれまで全国で120社(※1) を超えるサポートの実績があり、これまでのノウハウを活かすことで免許の取得から供給開始、今後の需給管理、CO2フリー電気の供給サポートなど全面的にサポートいたします。
Energy Xの詳細はこちら:https://energyx.jp/

当社は「次世代に誇れる未来を創造し、社会のために役立つテクノロジー集団」をビジョンとして掲げ、本サービスを通じて、多くの事業者がCO2フリーな電気の調達を可能にし、サプライチェーン全体にCO2フリーな電気をご提供いただくことで、日本における脱炭素社会の実現をbooostさせ、「次世代に誇れる未来の創造」に貢献してまいります。

※1:2021年7月31日時点の当社実績

■商品・サービスに関するお問い合わせ
booost technologies株式会社 セールス部
TEL:03-4405-4052
e-mail:sales@booost-tech.com

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社 マーケティング部
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

2021.08.03 「CO2フリー電気プラン 構築サポートサービス」を提供開始

新電力事業者向けにCO2フリー電気の提供をサポートする「CO2フリー電気プラン 構築サポートサービス」を提供開始
~すべての新電力事業者がCO2フリー電気のプランを提供可能に~

カーボンフリーな未来の実現を目指すエナジーテックベンチャーのbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:青井 宏憲 以下 当社)はこのたび、新電力事業者が自社の顧客にCO2フリー電気のプランを提供するための新サービス「CO2フリー電気プラン 構築サポートサービス(以下 本サービス)」を8月2日(月)から開始しますので、お知らせいたします。本サービスをご利用いただくことで、既に新電力事業を営んでいる事業者様、これから新電力事業に参入予定の事業者様を含めて、すべての新電力事業者様が自社の顧客にCO2フリー電気を含めたプランを提供することが可能となります。

今回サービスを開始する「CO2フリー電気プラン 構築サポートサービス」は、新電力事業者様を対象とし、当社の提供しているクラウド型ENERGYプラットフォーム「ENERGY X」を導入いただくことで、事業者様の手間なく自社の顧客にCO2フリーの電力を提供できるサービスとなります。また追加性を考慮したプランの構築も可能です。

当社の提供しているクラウド型ENERGYプラットフォーム「ENERGY X」は新電力事業の「事業立ち上げ」「事業開始後」「スケーラビリティ」「AI、機械学習」までワンストップで対応可能な新電力事業に特化したクラウド型のプラットフォームです。

当社はこれまで全国で120社(※1) を超えるサポートの実績があり、これまでのノウハウを活かすことで免許の取得から供給開始、今後の需給管理、CO2フリー電気の供給サポートなど全面的にサポートいたします。
Energy Xの詳細はこちら:https://energyx.jp/

当社は「次世代に誇れる未来を創造し、社会のために役立つテクノロジー集団」をビジョンとして掲げ、本サービスを通じて、多くの新電力事業者がCO2フリーのプランを顧客に提供いただくことで、日本における脱炭素社会の実現をbooostさせ、「次世代に誇れる未来の創造」に貢献してまいります。
※1:2021年7月31日時点の当社実績

■商品・サービスに関するお問い合わせ
booost technologies株式会社 セールス部
TEL:03-4405-4052
e-mail:sales@booost-tech.com

■本リリースに関する報道お問い合わせ
booost technologies株式会社 マーケティング部
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

2021.05.17 出勤者数削減の実施状況について

弊社では新型コロナウィル感染防止対策に最善を尽くしながら事業活動を行っております。

現在、一部部門を除き、全社的に在宅勤務を積極的に活用しております。

政府、各自治体から示されている「出勤者数の7割減」の数値目標の達成に加え、

以下の取組を徹底しております。

<主な取り組み>

・在宅勤務が可能な職場は原則在宅勤務を実施

・会議や打ち合せは極力オンラインで開催

・出社する社員の通勤手段の配慮、時差出社制度の導入

・出張の原則禁止   等

2021.04.01 ゴールデンウィーク休業のお知らせ

お客様、お取引先様 各位 

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ではございますが、弊社は下記の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。 

 

休業期間:202151日()~ 202155日(
業務開始:202156日( 

 

なお、休業期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、
5月6日(以降に順次対応させていただきますので、ご了承のほどお願い申し上げます。 

休業期間中は何かとご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 

2021.02.27 【電力広域的運営推進機関】警戒態勢解除(今冬の需給ひっ迫及び福島県沖を震源とする地震)

現在、表記2つに対して、警戒態勢(本部長:都築事務局長)をとっておりましたが、

需要レベルの推移、電源の稼働状況、主要な事業者の需給計画、主要な事業者のLNG及び石油の燃料在庫状況などを勘案し、
需給ひっ迫状態に陥る蓋然性は低いと思われることから、2月27日0時を以って、警戒態勢を解除いたしました。

電力広域的運営推進機関

2021.02.18 東北電力ネットワーク:託送供給等特例認可について

各位

2021年2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震による災害により,同年2月14日に福島県の17市町に対し災害救助法の適用が公表されました。(同年2月13日付適用)

このような状況を踏まえ,当社は,同年2月17日に,電気事業法第18条第2項ただし書の規定に基づき,託送供給等約款以外の供給条件(令和3年福島県沖を震源とする地震による災害に係わる料金等の特別措置)を経済産業大臣に特例認可申請し,同日付で認可されました。

つきましては,下記のとおりお知らせいたします。

■特例認可申請の対象

託送供給等約款以外の供給条件(令和3年福島県沖を震源とする地震による災害に係わる料金等の特別措置)

■適用日

2021年2月13日

■その他

・特例認可を受けた託送供給等約款以外の供給条件は,次のリンク先に掲示いたします。

https://nw.tohoku-epco.co.jp/consignment/notification/

・託送供給等約款以外の供給条件の特例認可申請書は,次のリンク先に掲示いたします。

https://nw.tohoku-epco.co.jp/consignment/notification/document/

※上記供給条件および申請書は,2021年2月18日(木)に掲示する予定です。