企業理念

Philosophy

booostが掲げるビジョン・ミッション・バリューや、
思い描く使命・展望をご紹介します。

BRAND
Our story

わたしたちの軌跡と
未来構想

人類にとって今世紀最大の課題である「気候変動」。
“今すぐ”脱炭素化を加速させる圧倒的ソリューションが求められている。

長年取り沙汰されてきた気候変動は、いまやグローバル規模で喫緊の課題となりました。
かつては努力目標にも近かった脱炭素対応は、今や必須の時代です。
2015年にはパリ協定が採択され、世界共通の長期目標として、 「世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保つとともに、 1.5℃に抑える努力を追求すること(2℃目標)」などを合意。
日本においては2020年10月、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、 カーボンニュートラルを目指すことを政府が宣言しました。

世界の平均気温は2017年時点で、工業化以前(1850~1900年)と比べ、 既に約1℃上昇したことが示され、今後も更なる気温上昇が予測されています。
近年、国内外で多発する気象災害の原因が気候変動問題にあることはもはや疑う余地がありません。
さらに今後も豪雨や猛暑のリスクが更に高まることが予想されています。
人類や全ての生き物にとっての生存基盤を揺るがす気候変動。
「このままでは地球に住み続けることができない」という事実を私たちは受け止め、 脱炭素化を加速させる対策を今すぐに打ち出す必要があるのです。

脱炭素化加速の鍵は、 各産業のバリューチェーンにおいて
NET-ZEROのリーダーシップを生むことにある。

脱炭素化の取り組みは、個人一人ひとりの生活改善といったレベルでは限界があります。
脱炭素化を強力に加速させ、NET-ZEROを達成するためには、各産業バリューチェーン全体にまで影響を与える必要があるのです。
企業が脱炭素化に取り組む上で必須の前提条件が、温室効果ガス排出量の「算定」です。
日本では、2004年にSHK制度(温対法、省エネ法)において温室効果ガス排出量の算出・報告・公表を大規模事業者に義務付け、算定方法を採択していましたが、現在の世界基準である「GHGプロトコル」とのズレが生じていました。そこで2022年4月に改正温対法が施行され、プライム市場での非財務情報の開示義務化も同時にスタートします。
企業が直接排出している温室効果ガスにあたる「Scope1」、そして、電力の消費などで間接的に排出している「Scope2」だけでなく、サプライヤーや顧客などバリューチェーンの排出量にあたる「Scope3」まで算定を行っていくことも求められます。

温室効果ガス排出量の 「算定」「削減」を実行する
booost technologiesのソリューション

温室効果ガス排出量の「算定」には膨大な量のデータ解析が必要です。
Scope3にあたる、サプライヤーや顧客の排出量も見える化するためには、 アナログ処理では到底追いつきません。
クライアント企業が悩む姿を目の当たりにし、テクノロジーでの解決を探った結果、 booost technologiesの「ENERGY X GREEN」が生まれました。
「ENERGY X GREEN」は温室効果ガス排出量の可視化に加えて、 脱炭素化をクラウドで実行することができるシステム。 企業が抱える「算定」の問題に刺さる画期的なソリューションであるだけでなく、 「削減」ノウハウまでもを持ち合わせていることが大きな特徴です。

温室効果ガス削減インパクトにコミットメントする
という booost technologiesの大きな強みは、創業以来積み重ねてきた知見、 時流を読む先見性、変革を恐れない挑戦の姿勢によって培われてきました。

エネルギーマネジメントから積み上げてきた信頼・安定の価値
エネルギーの専門性を培い、テクノロジーで課題を解決。

一元管理された大規模電源ではなく、分散型の再生可能エネルギー(variable renewable energy)の導入が加速の兆しを見せていた2015年4月。 booost technologiesは、複数の小売電気事業者がエネルギーを融通する未来を実現するため、 必要とされるエネルギーマネジメントを行うべく、創業しました。

その後はSmartLifeLabや環境省プロジェクトに参画し、 ディマンドリスポンスによるエネルギーマネジメント実証や、AIを活用したシステムの開発を実施。
エネルギーマネジメントというインフラに関わる事業では安定稼働が不可欠ですが、 自社の価値を常にテクノロジーの力で高め、信頼を獲得してきました。
そして、NET-ZEROの実現に向けては、これまでのエネルギーマネジメントのノウハウが大きな役割を果たします。
なぜならば、地球上のCO2排出量の約85%がエネルギー起源であり、さらに約42%は電力由来。
CO2排出量を可視化するだけではなく、能動的にカーボンマネジメントを行うことのできる 「インフラの構築」が重要なのです。 エネルギーの専門性を培い、明らかになった課題をテクノロジーで解決してきた結果、 現在のbooost technologiesがあります。
効率的かつ本質をとらえた温室効果ガス排出量の「算定」と、 「削減」まで対応できる力が、弊社が各業界のリーダーに選ばれる理由です。

カーボンマネジメントプラットフォームを確立し、
次世代に誇れる未来を創造する。

前述した通り、NET-ZERO実現の鍵は、 各産業バリューチェーンにおいて「NET-ZEROのリーダーシップを生む」ことにあります。
事実、booost technologiesは各産業のNET-ZEROリーダーのGHG排出量算定に貢献し、 各業界のリーダーに選ばれてきたカーボンマネジメントプラットフォームです。
私たちは圧倒的ソリューションによって産業全体の脱炭素化を加速させ、 NET-ZEROを実現させます。
booost technologiesが提供する価値は、 クライアントに「企業価値向上」というメリットをもたらし、社会全体においては「NET-ZERO実現」という今世紀最大の課題解決を見据えています。
各業界の「NET-ZEROリーダー」のTechnologyパートナーとして常にアップデートを続け、 将来的には世界でも通用するソリューションを目指します。
次世代に誇れる未来を創造する」という普遍的なVISIONのもと、 booost technologiesは地球規模のあらゆる課題解決に挑み続けます。

私たちは、NET-ZEROリーダーの
脱炭素化を加速させ、
サステナブルな未来の実現をするための
“boooster”である。

Vision

次世代に誇れる
未来を創造する
Technologyパートナー

Mission

To achieve a more sustainable
NET-ZERO future.

より持続可能で
NET-ZEROな未来を実現する

We harness technology to make our planet a more sustainable
NET-ZERO world.

私たちは、より持続可能でNET-ZEROな世界へ地球をアップデートするためのTechnologyを提供します。
NET-ZEROTechnologyパートナーとして
各業界リーダーの脱炭素化をブーストさせ、
地球温暖化を1.5℃以内に抑える。

私たちが今すぐ、圧倒的な意志でアクションを起こさない限り、 次世代に現在の地球環境を残すことはできません。 サステナブルな地球を次世代に残すためにTechnologyの力で、 NET-ZEROの実現を目指します。 NET-ZEROの実現に向け、各業界のリーダーとともに脱炭素化を加速させています。

Value

NET-ZEROリーダーのための
カーボンマネジメントプラットフォームを提供し、
クライアントの企業価値を向上させます。

私たちが提供するカーボンマネジメントプラットフォームは、
複雑なScope3までの炭素会計、製品・サービス単位での排出量の効率的な算定に留まらず、
CO2排出量削減までをマネジメントします。
また、機能は今後も拡張し続けます。

Recruit

booostの理念や価値観に共感いただける未来の仲間たちを募集しています。
詳しくは採用情報をご覧ください。

採用情報を見る
Contact

製品・サービスに関するご依頼や
ご相談、取材の申し込みなどは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。