お知らせ

News
PRESSRELEASE

booost technologies、電通とTBSが共同提供する「グリーンCM」で脱炭素化をサポート

〜テレビCMに伴うCO2等排出量の可視化・脱炭素化を「ENERGY X GREEN」にて実現〜


NET-ZEROリーダーが選ぶカーボンマネジメントプラットフォーム『ENERGY X GREEN』を展開するClimate Techカンパニーbooost technologies株式会社(東京都品川区、代表取締役:青井宏憲 以下 当社)は、株式会社電通(東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷典洋 以下 電通)と株式会社TBSテレビ(東京都港区、代表取締役社長:佐々木卓 以下TBS)が共同で提供を開始するテレビCM「グリーンCM」のCO2等排出量の算出および排出量分のJ-クレジット(再生可能エネルギー由来)による脱炭素化を『ENERGY X GREEN』を用いて実施し、テレビCMに伴う排出量のオフセットを実現します。

今後、テレビ等のマス広告やインターネット広告等の日本の総広告市場(6兆7,998億円)の脱炭素化に向けたプラットフォームを展開します。

グリーンCMについて

広告宣伝活動に伴うCO2等の排出は、GHGプロトコルのScope3*1に分類され、特に広告宣伝活動が多い企業にとっては、カーボンニュートラル達成に向けての重要な課題となっています。電通は、広告主企業がテレビCMの放送に伴うCO2等排出量を算出・オフセットできるスキームを開発し、TBSと共同でカーボンニュートラルを実現する「グリーンCM」の提供を開始しました。グリーンCMは、TBSで放送される番組『セブンティーン・ゴールズ~未来にできること~*2』において、11月1日より実施します。

booost technologiesのサポート内容

当社は、CO2等排出量可視化・管理・オフセット・報告が可能なカーボンマネジメンプラットフォーム『ENERGY X GREEN』を用いて、CO2等排出量をGHGプロトコルに基づいて算出し、排出量分のJ-クレジット*3(再生可能エネルギー由来)を用いて脱炭素化することで、「グリーンCM」を実現します。今回は、広告主企業のテレビCMの放送に伴う排出量と、電通とTBSのプランニングおよび準備活動に伴うCO2排出量可視化・オフセットを『ENERGY X GREEN』で実行します。

ENERGY X GREENについて

『ENERGY X GREEN』はCO2等排出量の可視化・管理・オフセット・報告レポートが可能なカーボンマネジメントプラットフォームです。各業界のNET-ZEROリーダーから選ばれ、累計12万拠点以上に導入されています。製品・サービスごとの排出量が可視化でき、計画に沿ったCO2の削減(省エネ、再エネ、非化石証書の購入等)を実行できます。さらに、国際イニシアティブ(RE100、SBTi、TCFD等)や温対法等の各種報告レポートを自動で作成。効率的な脱炭素経営をサポートします。



当社は、各業界のNET-ZEROリーダー、サステナビリティリーダーのTechnologyパートナーとして、No.1の脱炭素化、サステナビリティプラットフォームの構築を目指してまいります。

*1 Scope3:Scope1である事業者自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)と、Scope2である他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出以外の、間接排出(事業者の活動に関連する他社の排出)。
*2 セブンティーン・ゴールズ~未来にできること~:11月1日(火)~11月29日(火)、毎週(火)22時57分~23時00分放送(関東ローカル)
*3 J-クレジット:J-クレジット制度によって認証される、省エネ・再エネ設備の導入や森林管理等による温室効果ガスの排出削減・吸収量のクレジット。
参考:J-クレジット制度についてhttps://japancredit.go.jp/about/outline/

本リリースに関する報道お問い合わせ

booost technologies株式会社  マーケティング部(広報)
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

Recruit

booostの理念や価値観に共感いただける未来の仲間たちを募集しています。
詳しくは採用情報をご覧ください。

採用情報を見る
Contact

製品・サービスに関するご依頼や
ご相談、取材の申し込みなどは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。