お知らせ

News
PRESSRELEASE

booost technologies、IFRS Sustainability Allianceに加盟

〜サステナビリティ関連事業の強化を目指す〜

CO2等排出量の自動算出による可視化・管理・報告が可能なカーボンマネジメントクラウド『ENERGY X GREEN』(https://green.energyx.jp/)を展開するClimate Techカンパニーbooost technologies株式会社(東京都千代田区、代表取締役:青井宏憲 以下 当社)は、日本のスタートアップ企業として初めてIFRS Sustainability Allianceに加盟しました。

IFRS Sustainability Allianceについて

IFRS Sustainability Allianceは、IFRS(International Financial Reporting Standards:国際財務報告基準)のサステナビリティ基準、統合報告、統合的思考の発展に関心のある組織のメンバーシッププログラムです。メンバーは学習の機会、ツールやリソース、バーチャルおよび対面形式のイベント、IFRS財団スタッフや同業者との関わりを通じたアップデートを通じて、変化するサステナビリティ開示の状況を常に把握することができます。SASB Alliance*と<IR> Business Network**を併せた、より広い領域のメンバーシッププログラムとして2022年8月1日に発足し、投資家、企業、大学等、多様な規模・分野の組織や個人で形成されています。
IFRS Sustainability Alliance 詳細:https://www.ifrssustainabilityalliance.org/

* SASB Alliance:サステナビリティにおいて重要な要素を企業が管理し、投資家がその要素を評価する未来を形作るためのSASB財団(米国サステナビリティ会計基準審議会財団)による、メンバーシッププログラム。https://www.sasb.org/blog/blog-introducing-the-sasb-alliance-embracing-a-market-standard/

**<IR> Business Network:統合報告書導入の促進や実用的に適応することを目的に、資料やノウハウ・事例へのアクセスやビジネスリーダーとのネットワークを構築するプログラム。 参考http://www.integratedreporting.org/wp-content/uploads/2014/07/The-IR-Business-Network.pdf

加盟の背景、目的

当社は、各業界の脱炭素を推進するNET-ZEROリーダーへの脱炭素化支援を行っており、カーボンマネジメントクラウド『ENERGY X GREEN』は、GHGプロトコルや国内の各種制度・ガイドラインに合わせた各社のSCOPE1-3の目標管理・算定、サプライチェーンを通じた製品単位のGHG排出量算定、および各種イニシアティブへの報告や非化石証書購入等の脱炭素の取り組み等を実現します。

また当社は、CDP(一般社団法人 CDP Worldwide-Japan)の2022年気候変動質問書の認定スコアリングパートナーや、Green x Digitalコンソーシアムの2022年度運営委員に選定されるなど、RE100やSBT、CDP、TCFD等の気候変動関連の国内外の枠組みにおいて積極的に活動をしています。

この度、当社はIFRS財団のサステナビリティ関連開示基準への取り組みについてメンバー間での情報共有や学習ツールの活用、イベントへの参加等を通し、アライアンスメンバーとして積極的に活動することでサステナビリティ関連事業を強化すべく、2022年10月1日に日本のスタートアップ企業としては初めてIFRS Sustainability Allianceに加盟しました。

当社は、各業界のNET-ZEROリーダー、サステナビリティリーダーのTechnologyパートナーとして、No.1の脱炭素化、サステナビリティプラットフォームの構築を目指してまいります。

IFRS財団 マーケットリレーションズ担当 チーフ ニコライ・ランディ氏 コメント

“We are pleased to welcome booost technologies as an organizational member of the IFRS Sustainability Alliance. By joining, boost technologies demonstrates their ongoing commitment to understanding best practices in sustainability disclosure, integrated reporting, and integrated thinking,” says Nicolai Lundy, Chief of Market Relationships, IFRS Foundation.

当社仮訳:
「私たちはbooost technologiesをIFRS Sustainability Allianceの組織メンバーとして歓迎します。加入によりbooost technologiesは、サステナビリティ開示、統合報告、統合的思考におけるベストプラクティスを理解するための継続的なコミットメントを表明しています。」

booost technologies株式会社 代表取締役 青井宏憲 コメント

世界的に脱炭素化に向けての具体的な対策が求められる中、日本のスタートアップとして初めてIFRS Sustainability Allianceに加盟できたことを嬉しく思います。国内においては、プライム市場の企業に対する非財務情報の開示義務化が来年4月から開始するなど、サステナビリティへの対応が急務となっており、情報のアップデートや柔軟な対応が非常に重要です。今回の加盟を機にサステナビリティ関連事業をより強化し、もっと持続可能でNET-ZEROな未来の実現に邁進します。

本リリースに関する報道お問い合わせ

booost technologies株式会社  マーケティング部(広報)
https://booost-tech.com/massmedia
e-mail:pr@booost-tech.com

Recruit

booostの理念や価値観に共感いただける未来の仲間たちを募集しています。
詳しくは採用情報をご覧ください。

採用情報を見る
Contact

製品・サービスに関するご依頼や
ご相談、取材の申し込みなどは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。